« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006年8月

東埼玉病院筋ジストロフィー病棟にてコンサート☆

昨日は前にブログにも書かせていただきました東埼玉病院筋ジストロフィー病棟でコンサートをやってまいりました!!!!!

いや~もう心に残る夏の思い出になりました(涙) まさに、皆で作ったコンサートでした。保護者会の皆様(手作りの看板素敵でた!!!)、場所を提供してくださいました病院の方々、そしてたくさんの笑顔やエネルギーをくださった入院している方々(ちなみに、コンサートのポスターを作ってくださった方も患者の方です!すごく素敵でセンスの好いポスターで、私の宝物にします♪今度個人的にポスターお願いしようかしら・・・・)、他の病棟からわざわざ聴きに来てくださった方々、演奏しているのは私達二人ですが演奏のエネルギーやハートの部分を作り出すのはそこにいる皆であって、今書いたすべての事が揃わないとあんなコンサートは絶対出来ないのだと思いました。悲しくてじゃなくて幸せでなんか涙が流れそうになりました(笑)

コンサートは夏の名曲やリクエストの曲だったり映画の曲だったりと様々でした、遠くに音が飛んでいくように、私の中の色んな感情を恥ずかしがらずに皆に聴いてもらいたいと思いました、なんか自分自身がむき出しで奏でられた事によって短い時間でしたが皆と気持ちが一つの方向に向かえた気がしました(自己中心的な意見で申し訳ないです・・・)病室の中から聴いてくださったかたもたくさんいました、本当にありがとう。皆笑顔でした。私はこういうたくさんの出会いと笑顔が大好きだから演奏する人でありたいのだと思います、私は強く弱い人間です、だからこそ色んな人の人生や運命と一瞬だけど関われたこのコンサートは本当に私の心に深く残りました☆☆私の笑顔より皆の笑顔には力があったんです。

コンサート終了後は皆との記念写真~(笑)たくさん撮りましたよ~あの写真ほし~な~!!!病室もまわりました、シャイな方が多かったような気が~(笑)またこの病院に来たいな、筋ジストロフィーの患者さんは若い方が多くもっと色々お話出来たらよかったな♪

あ~も~こんな気持ちになれた事がとっても幸せな一日でした、なんか心が苦しくなったらこの日の事を思いだしたい。どんなに音楽が好きでも自分自身で聴きに行けない人はたくさんいます、私はこの活動をだからこそ続けて行きたいと思います。音楽は言葉や年齢、人種、人生、をこえたものの気がするから。まだまだ未熟な私がいつもそんな音楽による色んな事で生きれているし。

さ~また練習して頑張ろうっと(^0^)/今度は土曜日のコンサートにむけてさ♪

それと、保護者会の会長さん色んなお話してくださってありがとうございました。みんな指名をもって生きているという事深く心に残りました☆☆

      

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

な~つがす~ぎ~かぜあ~ざみ~♪

まだまだ暑い日が続く毎日ですが、もう8月も残すところわずか・・・早いわね~まったく!! 今年の夏の私の想い出といったらやっぱり海に通った事です、もうきっと10回くらい行ったと思う、もっとかな~雪国生まれの色白が自慢だった私の肌がこの歳になったにもかかわらずコンガ~リいい感じ(笑)これはちょっとやそっとじゃ戻らないはず・・・・夏のお土産☆  波子って名前だからかなぁ、海は本当になごむのです。なんか開放的な心になるのね!! だからこの夏はたっくさ~ん和んだわけです。必ず片手には麦酒でね☆ たくさん通うと海の表情がいつも同じじゃないことに気づくもので、色っぽかったり、強気だったり、寛大そうだったり、可愛らしかったり、本当にそうなの!!私達と一緒。

夏の思い出~それは自分で作ったり見つけたりするものだってわかった今の私は少し大人になれたのかもしれない・・・違うか!?子供になれたのかもしれない!!子供の頃の夏休みは果てしなく続くと思っていて、とにかく毎日が楽しかったから(^0^)

あっ!!ディズニーランドと初ディズニーシーにも行ったのです!!昔の私は屈折していたのか~???今までそこまでときめいたりはしゃいだりしなかったはずだが・・・・。またまた25歳になってディズニーの魔法にかかってしまったみたい☆ 

まだまだ暑い日が続きそうだからもう少し夏の思い出作っていこうかな~♪        来週の30日(水)は「夏の思い出コンサート♪」場所は東埼玉病院のキンジストロフィー病棟にて14:00~!!!とっても自然の豊かなところでいい音出せそう☆張り切っちゃいますよ、あっ、そうそう2日の土曜日もレストランでコンサート♪さ~まだまだ楽しみなことだらけ!!!頑張ろうっと!!夏~どんな曲がいいかな~????

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »